ナラネコ日記

私ナラネコが訪ねた場所のことや日々の雑感、好きな本のこと、そして猫のことを書き綴っていきます。

朝の散歩

2022 初夏の風景 ⑤

夏の空気 昨日から夏らしい空気が戻ってきた。朝から空の青が濃い。今日は最高気温が30℃近くまで上がるという予報が出ている。 いつものように、朝食後の散歩に出かける。街の中から田畑の中の道を通るというお決まりのコース。猫が2匹、路上に座っていた…

2022 初夏の風景 ④

朝の花 昨日は朝から初夏らしい晴天が広がっていたが、今日は曇り空で、雲の後ろからかろうじて薄日がさしている。週末の金曜日、いつも通り朝食後の6時半頃から朝の散歩に出かけた。田畑の風景に大きな変化はないが、気づいたものをいくつか紹介。 田畑の…

2022 初夏の風景 ③

街の変化 ここ2日間、肌寒く曇り空の朝が続いていたが。今朝は快晴とまではいかないが日の光を浴びながら散歩する朝となった。街の中から田畑の中の道にかけて30分ほど歩く。3日前に取り壊されかけていた家には、既に重機が入って壁が崩され、建具も運び…

2022 初夏の風景 ②

すっきりしない天気の朝 立夏が過ぎて10日以上経つが、気温があまり上がらずすっきりしない天気が数日続いている。いつも通り朝、6時30分頃から散歩。空は一面雲に覆われている。田畑の中の道を中心に歩いた。 畑にジャガイモの花が咲いている。ジャガ…

五月の雨

雨の休日 今日は仕事が休みの木曜日だが、朝から雨模様だ。雨は明日にかけて強まるという予報が出ている。五月という月に雨は似合わない。五月雨という言葉があるが、これは陰暦の五月なので、実際は梅雨時の雨を指す。休日に雨が降ると損をした気分になるが…

五月の朝の猫たち

雨模様 天気予報では、今日から3,4日は天気はぐずつくという。平日は朝の散歩で一日が始まる習慣になっているし、ブログもほとんど散歩中の風景を書いている。そこで朝起きて外を眺めたが、なんとか曇り空ながら雨は落ちていない。というわけで降る前に、…

ブログを始めて1年が経った

ブログを始めて1年 今日は5月10日。去年のこの日にブログを始めたので、ちょうど1年になる。定年で、完全にリタイアではないが、自由な時間が増えたということで、スタートしてみたが、なんとか1年間毎日更新できている。 特にテーマも決めないで、日…

2022 初夏の風景 ①

連休の後 今日も休みの人は大型連休の最中だろうが、私は今日は仕事なので通常モードに戻る。昨日から暦の上でもそうだが、気候も初夏というのにふさわしいものになっている。 いつものように6時半頃から朝の散歩に出かける。昨日こどもの日が過ぎたばかり…

春から夏へ

季節の移り変わり 季節の始まりを表す言葉は、暦の上では立春、立夏、立秋、立冬とある。今年の立夏は5月5日だ。立春、立秋、立冬は実際の季節感覚からするとかなり早い感じがするが、立夏は夏の始まりとしてしっくりくる。ひと月ほど心地よい初夏の気候が…

2022 晩春の風景 ③

雨の後の白い花 昨日は夜半から夜中にかけてかなり激しく降ったが、朝起きると曇り空ながら雨が降ってははいなかった。いつものように6時半ごろから外を散歩する。児童公園の横を通ると、地面がシロツメクサでいっぱいになっていた。少し前まではこれほど繁…

2022 晩春の風景 ②

雨の予報 今日は昼前から雨になって、夕方から夜にかけては本降りになるという予報が出ている。朝の天気は曇り空に薄日もさしているが、空気は湿っている。いつものように6時半頃から外を散歩。それほど目新しい変化はなかったがいくつか写真を紹介。 踏切…

天気が回復した週末

雨の後 昨日は午後から夜にかけてかなり降った。朝起きてみると雨はやみ、雲はまだ残っているものの天気は回復するようだ。いつもの通り、6時半頃から朝の散歩に出かける。目についたものをいくつか。 何回か紹介している施設の前に置かれたプランターのチ…

2022 春の風景 ⑨

そろそろ晩春か 火曜日の朝。やけに暑い日が続き、その後朝が冷え込む日があったが、今日はいつもの4月後半の朝という感じがする。桜が散りチューリップも終わる頃になるとそろそろ晩春だろうか。暦の上では晩春は立夏の前ひと月をさすので、4月がほぼすっ…

雨の後の週末

夜中の雨 昨日は午後から雨の予報だったが、夕方からぽつぽつ降り出したくらいで、本格的な雨となったのは深夜だった。床に就いていたが雨音は聞こえた。朝起きてみると、曇り空。気温は昨日は28℃まで上がったが、今日は季節相応の気候になるようだ。 いつ…

大和民俗公園の春景色

夜中の雨 夜中に降ったようで、雨音が聞こえていた。朝起きて庭を見ると濡れている。ひさしぶりの春の雨。仕事休みの日なので空模様が気になる。ネットの天気予報で今日の天気を確かめると、午前中から昼過ぎまではなんとか持ちそうだ。 朝食前の6時20分…

2022 春の風景 ⑧

天気は下り坂へ 水曜日の朝。ここしばらく快晴が続いていたが、今朝は少し雲が出ている。今週後半から天気は下り坂になるようだ。 今日は街の中から公園の散策路を歩いた。普段の仕事に行く時の道でもあるが、早朝となると雰囲気も変わる。7時台後半は通学…

2022 春の風景 ⑦

空気は初夏 火曜日の朝。いつもどおり朝食を食べて、6時30分ごろから外を散歩する。今日は街の中は歩かずに田畑の中の道をぐるっと回った。快晴で気温が高く、空気の肌触りは5月頃の感じがする。 少し前までは、数は減ったものの姿を見かけていたサギは…

コロナ予防接種翌々日

副反応が出た 昨日のブログで、土曜日にコロナ予防接種をしたが、朝は体が少しだるいくらいで熱もほぼ平熱だったと書いたが、その後昼ごろになって熱が出てきて、37.5℃まで上がった。平熱が36℃くらいなので、結構な発熱で、体もかなりしんどい感じにな…

生活リズムが変化したこと

生活の変化 4月から職場が変わり、生活リズムが二つ変化した。一つは、週の休みが土日以外に平日に1回あるのだが、それが火曜から木曜に変わったこと。火曜がいいのは、月曜が休みの週に4連休になる時くらいで、普段の週は、週の後半の木曜に一息入れられ…

2022 春の風景 ⑥

日曜の朝 日曜日の朝、空は降りそうな曇り空であるが、いつも通り散歩に出かける。今日はふだん通らない裏通りの方を抜けて、田畑や貯水池の横の道に出た。廃屋のような家が左に見える。 裏通りを歩く 春の野の鳥たち 冬から春になって、新しく目に入ってく…

近所の桜 と信貴山の桜

風景の中の桜 今日は土曜日。先週の土曜日から昨日までは、なかなか中身の詰まった1週間だった。土日月と3日間、近鉄のフリーきっぷで遠出して、水木で前の職場での残務を終え、金に新しい職場での初仕事。ここ3日は慌ただしかったが、ブログは毎日更新し…

近所の桜

4月1日の桜 年度が替わり今日から職場が変わるのだが、家を出る時間はほぼ同じなのでいつも通り朝の散歩をする。街の中から公園の遊歩道を通って、ちょっと田畑の中の道も歩いたのだが、桜がちょうど満開だった。ある時期になると、一斉にあたり一面を染め…

雨模様の3月末

曇り空の朝 朝から曇り空で、降り出しそうな空の下、いつもの通り朝の散歩に出かけた。ある施設の前にコンクリートのプランターがいくつか置いてあり、冬の間、そのうち一つには葉牡丹が、残りにはパンジーが植えてあったが、今朝見るとパンジーのプランター…

2022 春の風景 ⑤

のんびりとした朝 土曜から今日まで仕事が休みだが、土・日・月と朝早くから遠出していたので、のんびりと朝の散歩をするのも久しぶりだ。7時過ぎから、田畑の道を中心にゆっくり歩いた。いつも通り、とりあえず目についたものをポケットから取り出したカメ…

2022 春の風景 ④

今日もさわやかな朝 昨日に続いて、今日も春らしいさわやかな朝となった。気温はやや低いが、青空が広がっている。今朝は少し距離が長い田畑の中を通るコースを歩いた。このコースは近鉄の踏切を超えて歩くことになる。平日なので、6時台だが電車にはそこそ…

寒の戻り

冷える朝 昨日は雨の一日。今朝は快晴とはいかないが、薄曇りの中に青空も見えている。気温は低い。奈良は盆地なので、春先、朝は大阪などより3℃くらい気温が低いのだが、今朝の最低気温は1℃台で、寒の戻りというやつか。 薄い雲の後ろから朝日が見える い…

春分の日

昼と夜の長さ 今日は春分の日で、昼と夜の時間が同じになる日だ。念のため調べてみると、今日の奈良の日の出は6時ちょうど、日の入りは18時9分となっている。んんっ、夜より昼の方が少し長いではないか。これはどうしたことかと思い、さらにネットで調べ…

2022 春の風景 ②

地震の翌朝 昨夜の地震のニュースは、朝起きてから知った。かなり広範囲の地震で、奈良県も震度2の揺れがあったようだが、私は睡眠中でまったく気づかなかった。私が今まで経験したいちばん大きな揺れが阪神大震災時で、奈良は震度4だったから、震度6強の…

2022 春の風景 ①

さわやかな朝 ここ数日、朝から気温が高くて春先の感じがしなかったが、今朝は普段のこの季節に近い感じの空気の肌触りだった。それでも、平年よりは暖かいようだが。昼間は今日も20℃くらいまで上がるという。 いつもの通り、6時半頃から家を出て散歩。街…

三月なのに気候はすでに陽春

春の花冬の花 今日は日曜日。7時ごろから朝の散歩に出かけ、田畑の中の道を中心に歩いた。畑を見ると春の彩りが目を楽しませてくれる。菜の花の横にネギが育っているのが見える。その向こうにはピンクの花。 畑の花 畑や貯水池が広がる中に、一本だけ山茶花…