ナラネコ日記

私ナラネコが訪ねた場所のことや日々の雑感、好きな本のこと、そして猫のことを書き綴っていきます。

読書

私の読書 ~ 最近読んだ本 2024年 其の六

平野啓一郎『ある男』 今日は読書の話題。最近読んだ本2冊の感想。 1冊目は平野啓一郎の『ある男』。未読の作家の本を読んでみようと思い選んだのがこの本。平野啓一郎といえば純文学畑の作家という印象があったが、読み物としてもおもしろい作品だった。 …

私の読書 ~ 最近読んだ本 2024年 其の五

今村夏子『むらさきのスカートの女』 今日は読書の話題です。最近読んだ本2冊の感想。 1冊目は今村夏子の『むらさきのスカートの女』。数年前の芥川賞受賞作だが、なんとなく気になる題名で、一度読んでみようと思っていた。文庫本で160ページくらいの…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2024年 其の四

門井慶喜『銀河鉄道の父』 今日は読書の話題です。最近読んだ本2冊について。 1冊目は、門井慶喜の『銀河鉄道の父』。7年前の直木賞受賞作で、去年映画にもなった。映画を先に観るのは好きでないので、まだ観ていない。門井慶喜の作品を読むのは初めてだ…

私の読書 ~ 最近読んだ本2024年 其の三

大山淳子『あずかりやさん~桐島くんの青春』 今日は読書の話題。 前に読んだ『あずかりやさん』の続編を買って読んでみた。前作と同様に、普通のブックカバーの上に、オリジナルのブックカバーが付いている。内容は短編が4作品。どれもおもしろかった。 『…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2024年 其の二

ブックカバーを見て本を買う 本にはブックカバーがある。普段、カバーの絵だけで本を買うということはないのだが、思わず買ってしまったのがこの本。ブックオフで文庫本の棚を見ていると、ちょっと変わった質感の本があったので取り出してみると、手作り感の…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2024年 其の一

姫野カオルコ『昭和の犬』 今日は年が明けて初めての読書の話題。最近読んだ本から2冊。 1冊目は姫野カオルコの『昭和の犬』。 名前は知っていたが、今まで読んだことがなかった作家だ。直木賞受賞作で、ブックオフの100円コーナーで見つけたので一度読…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の八

奥田英明『空中ブランコ』 今日は今年最後の読書の話題。最近読んだ2冊の本の感想を。 まずは奥田英朗の『空中ブランコ』。 20年ほど前の直木賞受賞作。題名は知っていて、ブックオフで目にとまったので買った。初めて読む作家で予備知識はまったくない。…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の七

道尾秀介『カラスの親指』 今日は久しぶりに読書の話題で、最近読んだ2冊の本の感想です。 1冊目は道尾秀介の『カラスの親指』。 道尾秀介の本は、10年ほど前に『ソロモンの犬』を読んで以来2冊目だ。『ソロモンの犬』がいまいちだったので、次を読むこ…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の六

短編集を読む 今日は読書の話題です。最近読んだ短編集を2冊。 短編集を買った時、好きな作家であっても、すべての作品がすばらしいと思えることはまずない。ただ、その中でぐっと心がひきつけられる作品がいくつかあれば十分だと思う。それは好きな歌手の…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の五

初めての作家の本を買う 今日は読書の話題で、最近読んだ本の感想。 このところ、今まで読んでいなかった作家の本を読んでいる。若い時は本屋に行って本棚をなんとなく眺め、これはとピンときた本を買うと、大当たりだったということがよくあったのだが、年…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の四

ブックオフで本を買う 今日話題にする3冊はすべてブックオフの100円コーナーで購入した。したがって合わせて330円。私は本をきれいなままでとっておく趣味はないので、ブックオフは費用対効果という面では最高だ。 朝井リョウ『何者』 朝井リョウの本…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の三

小川洋子『ことり』 今日は読書の話題です。 最近読んだ本の中から今日は1冊。小川洋子の『ことり』。 小川洋子は1962年生まれということで、私とほぼ同年代の作家だ。過去には『博士の愛した数式』を読んだが、それ以来なので2冊目になる。この本を買…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の二

伊坂幸太郎『重力ピエロ』 ひさしぶりに読書の話題です。 今年になってから読んだ本の中から2冊。まず1冊目は伊坂幸太郎。 伊坂幸太郎の本を読むのは初めてだ。その作家の作品の中で、自分に合うものと合わないものがある場合、最初に合わないのを読んでし…

私の読書 ~ 最近読んだ本 2023年 其の一

最近読んだ本 今日は久しぶりに読書の話題でも。 ここ数か月で読んだ本の感想。主に電車に乗る時のために買って読み、気に入った本は家で続きを読んだりする。新しく出た本というわけではないが、その時の気分で買うので、かなり以前に出たベストセラーをブ…

私の読書 ~ 最近読んだ本(角田光代・辻村深月)

最近読んだ本 今日は久しぶりに読書の話題です。 あまり読んでいなかった女性作家の本を読んでみようということで、最近(といっても2か月ほど前)読んだ本2冊。まだ読んでいなかったのが恥ずかしいくらいの作家だ。初めて読む作家の場合、何から手をつけ…

私の読書 ~ 恩田陸『歩道橋シネマ』

最近読んだ本から 今日は読書の話題。 私は電車に乗る時、本を携帯していないと落ち着かないので、必ずカバンに本を入れておく。近年読書量はめっきり減ったが、時々新しい本も買って読んでみる。 私は女性作家の作品をあまり読まなかったのだが、この夏、青…

私の読書 ~ 『麻雀放浪記』 其の二

麻雀放浪記の世界 今日は読書の話題です。11月17日の『麻雀放浪記』の続き。 この話は冒頭でチンチロリン賭博に明け暮れるアウトローたちの姿が描かれ、主人公の坊や哲が登場する。最初の場面は三人称で書かれているが、坊や哲の登場からは「私」という…

私の読書 ~ 『麻雀放浪記』 其の一

阿佐田哲也 今日はひさしぶりに読書の話題です。 かなり昔に読んだ、阿佐田哲也の『麻雀放浪記』の話。 阿佐田哲也というペンネームは、作家色川武大の麻雀小説用のペンネームだ。色川武大として発表された小説も素晴らしい作品が多く、直木賞を始めとして数…

私の読書 ~ 青春18きっぷの旅と読書 ④

『おそろし~三島屋変調百物語事始』 今日は読書の話題。 青春18きっぷで日帰り旅をする時は、必ず列車内で読む本を用意する。今回は、先日姫路に行った時に読んだ本。宮部みゆきの『おそろし~三島屋変調百物語事始』について書いてみる。 宮部みゆきの本…

私の読書 ~ 青春18きっぷの旅と読書 ③

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 今日は雨模様。朝の散歩もやめたので読書の話題でも。 青春18きっぷの旅で、列車内で読んだ本の感想の3回目。先日和歌山方面に行った時読んだ東野圭吾の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。 東野圭吾の本は、最後に読んだのが15年ほど前の…

私の読書 ~ 青春18きっぷの旅と読書 ②

宮部みゆき『火車』 今日は読書の話題。先日青春18きっぷで日帰り旅をしたとき、列車内で読んだ本の感想の続きで、宮部みゆきの『火車』。 宮部みゆきは、なぜか今まで読んでいなかった。年代としては、私と同世代の作家ということになる。ミステリーから…

私の読書 ~ 青春18きっぷの旅と読書 ①

青春18きっぷと読書 久しぶりに読書の話題。 今年の夏は青春18きっぷを買って、すでに3回使用したのはこのブログにも書いた。私は電車の中では読書が進む。長時間乗車する時、手元に本がなかったら禁断症状が出るので、こういう時には必ず文庫本を2,…

子供の頃の読書 ~ 夢を掘りあてた人

シュリーマンという人物 今日は読書の話題。子供の頃読んだ『夢を掘り当てた人』について書いてみる。 『夢を堀り当てた人』はヴィーゼという人が記したハインリヒ・シュリーマンの伝記である。私が読んだのは、小学校4年生くらいだったと思う。 シュリーマ…

子供の頃の読書 ~ 『トムは真夜中の庭で』

『トムは真夜中の庭で』 今日は久しぶりに子どもの頃の読書の話。フィリパ・ピアスの『トムは真夜中の庭で』を取り上げる。 この本を読んだのは、小学校3年生くらいだったように思う。もちろん自分で買った本ではなく親からあてがわれたものだが、夢中で読…

私の読書 ~ 電車の中で読んだ本

水曜日の朝 3月までは、水曜日の朝は水木金と3日間仕事が続く初日だったので、週初めの感じがあったが、4月から木曜が休みになり、金曜1日仕事に出た後が土日と言う日程になったので、週末感がある。 いつものように朝の散歩をする。ここのところ激しい…

私の読書 ~ 村上春樹③

雨模様 今日は雨のようだ。朝から外を歩いても、いつもは朝日が見える東の山の上に灰色の雨雲がかかって、いまにも降り出しそうである。週末は、少し季節が逆戻りしたような気候になる模様。 朝日が見えない東の空 村上春樹の小説以外の作品 今日は読書の話…

私の読書 ~ 村上春樹②

村上春樹の文体 今日は読書の話題で、村上春樹の2回目。 村上春樹の代表作を一つ上げるならどの作品だろうか。いちばん売れた小説となれば『ノルウェイの森』だろうし、文学的な評価となれば、『ねじまき鳥クロニクル』あたりだろうか。ただ、個人的な好み…

土曜日の鳥たちと『野ばら』

今朝の鳥たち 昨日までの寒波が去り、今日は気温が13℃くらいまで上がるという予報が出ている。当分寒さがぶり返すことはないようだ。土曜日で仕事が休みなので、7時半頃からゆっくりと朝の散歩に出かけた。今日は街の中から公園を抜けて堀端の道を歩き、…

私の読書 ~ 村上春樹①

寒さも少し緩んで 今朝は一昨日からの寒さが少し緩んでいた。街の中を中心に朝の散歩をする。空の色を見ても、日の出が早くなったことが分かる。公園の梅の花も開いてきた。お気に入りのレトロな大時計の背後に青空が広がる。 今日は久しぶりに読書の話題で…

私の読書 ~ 北杜夫③

爽快な朝 夜中が涼しいので睡眠の質がよい。睡眠中は夏場でも小型の扇風機だけで冷房を入れないので、夏場は寝苦しい日が多い。朝の散歩も気持ちよく歩くことができた。草むらの中からしきりにエンマコオロギのコロコロという声が聞こえる。エンマというだけ…