ナラネコ日記

私ナラネコが訪ねた場所のことや日々の雑感、好きな本のこと、そして猫のことを書き綴っていきます。

鶴見緑地の夏景色 ~ 其の一

猛暑続く

 猛暑が続いている。昨日は奈良も36℃まで上がった、昼休みにいつも30分ほど外を歩くのだが、昨日はさすがにすぐ戻ってきたのだった、

 今日は土曜日。いつものように軽く朝の散歩。サボテンを前に置いている家があるのだが、花がきれいに咲いている。サボテンは花が咲く期間がわずかだ。

サボテンの花

 倉庫のような建物の前にある百日紅の花も咲き出していた、ピンクの花だ。花も次第に初夏の花から夏の花へと移っていく。

百日紅

 道の脇にトラ猫が1匹。あまり人を警戒しないので飼い猫だろうか。穏やかそうな顔をしている。

朝の猫

鶴見緑地へ

 土曜日はバイクで遠出することが多いのだが、さすがにこの暑さではダウンしそうなので、電車で出かけることにした。あまり行っていない場所と思い足を運んだのが鶴見緑地。ここは1990年に国際花と緑の博覧会(通称花博)が開催された時にメイン会場として整備された大阪の四大緑地の一つだ。

 JRで天王寺まで出かけて、そこから地下鉄で谷町線から長堀鶴見緑地線へと乗り換える。天王寺からの地下鉄はエンジョイエコカードを買って乗車。土日祝はこのカード1枚620円で、大阪の地下鉄とシティバスが乗り放題という優れものだ。

エンジョイエコカード

 鶴見緑地駅で下車。改札側にプール、球戯場といった運動施設が見え、改札と反対側の大通りを渡った所に緑地公園の入口がある。

地下鉄鶴見緑地駅

 公園入口を入ってすぐのことろに大きな噴水があり、家族連れが、子どもたちに水を浴びさせて遊んでいる。噴水の横を通り少し歩くと大きな池がある。場内のマップを見ると、池を囲むようにして色々な施設があるようだ。水辺ということで風もそこそこあり、思っていたほど暑さは感じない。

池にいたアオサギ

 池に向かって右側の方、バラ園や風車があるエリアに向かった。訪れている人の数はあまり多くない。緑地公園だけあって自然がが多いが、紫陽花やノウゼンカズラといった初夏の花は盛りを過ぎていた。

 バラ園のバラも見頃を少し過ぎている感じだったが、きれいに咲いているものもあった。品種名と原産国がプレートに書いてある。存在感のある赤いバラ。

赤いバラ

 これは黄色いバラ。

黄色いバラ

 バラ園のすぐそばには大きな風車があった。これは風力ではなく動かしているのだろう。のんびりと回転している。

大きな風車

 バラ園から風車と反対側に歩いて行く。地図で見るとこのあたりが「山のエリア」という場所で、花博の時に各国の庭園があった場所なのだろう。まだ建物が残っていた。これはネパール王国の庭園。

ネパール王国

 これはイラン共和国の庭園。花博からもう30年以上経っているので、建物を残すため、かなり経年劣化を防ぐための補修もなされているのだろう。

イラン共和国

 休憩所もである「西アジアレストハウス」もなかなか異国情緒漂う外観だ。今日は土曜日だがかなり暑い日だったので人は少なかった。

西アジアレストハウス

☆其の二に続きます。