ナラネコ日記

私ナラネコが訪ねた場所のことや日々の雑感、好きな本のこと、そして猫のことを書き綴っていきます。

休日

秋の室生へ

爽やかな朝 今日は爽やかな朝となった。土曜日は遠出することが多いので、天気がよかったら気分がいい。いつも通り朝の散歩に出かける。近所の白茶の猫が家の前に出ている、かわいがられている猫だけあって毛並みがいい。 近所の猫 6時10分頃、天文学的な…

馬見丘陵公園のダリア

曇り空の朝 曇り空の朝となった。今日は仕事が休みの日なので、少し長めの散歩コースをゆっくり歩いた。キバナコスモスが勢いよく咲いている。普通のコスモスには水彩画ような味わいがあるが、この花は色の厚みといったものが違う感じがする。 群生するキバ…

コロナワクチン接種翌日

ワクチン接種の翌日 昨日はコロナのワクチン接種だった。1回目2回目はファイザーで副反応が皆無だったが、前回モデルナで翌日熱が出た。今回はまたモデルナだったのでどうかと思っていたが、朝の時点では熱もなく体調も普通だ。集団接種だが、オミクロン株…

ワクチン接種の日に吉野へ

ワクチン接種の日 今日は4回目の新型コロナワクチン接種の日だ。午後4時からなのだが、3回目の時翌日に熱が出たので、明日は家でゆっくりということになりそうだ。4連休だったので、昨日の金曜日にちょっと遠出する心づもりだったのだが、1日中雨で当て…

秋分の日は雨

雨の一日 今日は秋分の日。彼岸の中日でもある。朝から雨で、1日中しとしと降るようだ。昨日は天気予報では不安定だとのことだったが、結局昼間は降らなかった。少し遠出しておけばよかった。 朝から雨の中、少し近所を散策した。こんな雨でも犬の散歩の方…

秋の彼岸の墓参り

雨模様 シルバーウィークで9月は祝日が固まっている。私は木曜日が休みの日なので、今日から4連休ということになる。今日は午前中に墓参りに行く予定だが、朝から天気はすぐれない。曇り空だがとりあえず雨は落ちていないので散歩に出かけた。今日は街の中…

台風上陸の日

台風は上陸したが 大型台風が九州に上陸した様子だが、奈良県の朝は穏やかなもので、風もなく曇り空に薄日が見えている。荒れてくるのは夕方から夜中のようだ。朝の散歩はできないかと思っていたが、いつものように外に出た。 東の空には薄日も 田畑の中の道…

初秋のなるかわ園地

台風接近だが 台風が近づいているとのことで、朝から雨かと思っていたが晴れている。風もない。天気予報では、台風はゆっくり進んでいるようで、今日の後半くらいから天気が崩れ始め、近畿地方は明日の夜から明後日の朝がピークの様子。いつも通り朝の散歩に…

台風の前

台風接近 土曜日の朝。月曜が休みなので3連休だが、台風が接近している。明日明後日はかなり荒れるかもしれない。今朝も散歩で外に出ると、風が強く雨は落ちていないもののいかにも不安定な空模様だ。 城跡から堀端の道を通って行く散歩コースを歩いた。城…

2022 初秋の馬見丘陵公園

朝の花 昨日の昼間は真夏のような暑さで、気温は34℃まで上がった。夜もあまり気温が下がらず、やや寝苦しさを感じる夜だった。今日は仕事が休みの日なので、田畑の中の道の長めのコースを通って朝の散歩をした。 ある家の裏手に百日紅がきれいに咲いている…

初秋の花

日曜の朝 日曜日の朝。天気はよく、秋らしい朝の目覚め。さすがにここ数日は夜、寝苦しさを感じることがなくなってきた。今朝は昨日観月会があった城跡の方から堀端の道を通って散歩した。堀の蓮の花はまだきれいに咲いている。盛夏の頃に開化のピークという…

初秋のけいはんな記念公園

朝の風景 土曜日の朝。今日は雨模様かと思ったが、朝は晴れている。6時頃から、田畑の中の道を歩いた。もう朝夕はすっかり秋で、草むらからコオロギの声が聞こえる。南の空を見ると、白い雲が家並みの上にのびている。 朝の空 踏切を近鉄電車が通って行く。…

一昨日伊賀上野に行ってきた

伊賀上野に行ってきた 一昨日のブログは青春18きっぷでの日帰り旅の続きだったが、この日は仕事が休みで、伊賀上野に足を伸ばしたので、今日はそのことを書く。 伊賀上野方面は、年に1回は行く。車だと名阪国道を通るが、私はバイクなので裏道から県道8…

2022 初秋の風景 ②

曇り空の朝 今朝は仕事が休みの日。昨日も休みをとったので、のんびりした気分だ。60歳を超えると、このくらいのペースでいかないとと思う。 朝から曇り空で、雨予報だがネットの雨雲レーダーを見るとなんとか持ちそうな感じもある。6時頃から朝の散歩に…

2022 初秋の風景 ①

大雨の後の朝 「青春18きっぷの旅姫路編」の続きを書こうかと思ったが、日曜日の朝はゆっくりと散歩をし、写真も多いので、18きっぷの話は明日に回すことに。 昨日の夜は大雨が降った。雷も鳴り、庭が見る見る水浸しになっていく。メダカの鉢があふれそ…

夏の終わりの神野山へ

8月の終わり 今日は明日仕事に出る代わりに休みだ。8月も今日で終わりなので、夏の終わりの日という感じが強い。 朝から青空が広がっている。今日は昼間は真夏並みに気温が上がるらしい。いつもより少し遅く朝の散歩に出かけた。ツバメが青空を背景に電線…

2022 晩夏の風景 ③

8月最後の日曜日 日曜の朝。昨夜はまったく寝苦しいことがない快適な睡眠がとれた。ネットで調べると、奈良の夜中の気温は23℃くらいだった。25℃を超えるとかなり暑い。2,3℃の違いでこれだけ感覚が変わるのだと思った。 朝の散歩は城跡から堀端の道を…

瀬田川から琵琶湖へ ~ 其の一

夏の終わり 8月最後の土曜日。以前なら、小学生がそろそろ夏休みも終わりかと寂しさを覚える頃だが、今はたいてい2学期が始まっている。昨日も仕事に行く時、登校中の小学生といっしょだった。8月の新学期と言うのはやはり違和感がある。 青空と薄い雲が…

2022 晩夏の風景①

朝の生き物たち 今日から小中学校は2学期が始まる。8月中くらいは休ませてやりたい気がするが、世の流れでしかたないのだろう。私の方は木曜日で仕事が休みなので、朝からゆっくりと散歩する。今日は天気がこれから崩れるようだが青空は見える。 暑さが少…

藤原宮跡から明日香へ

今日は休み 夏季休暇というものを何日かとれるので、お盆の翌週の今日を休みにして、明日と合わせて連休にした。盆明けの暑さが残る時期にちょっと余裕をというわけで、これは正解だった。 朝から散歩に出かける。一時期のように早朝からの日差しの強さは感…

晩夏の信貴山へ

朝から雨 夜中から明け方にかけて降っていた雨がまだ起きる頃にも残っていた。庭にも水がたまっている。朝の散歩には行かず、今日は仕事が休みの日なので、のんびりと家で過ごしていた。10時頃になって雨が完全にやみ天気も回復してきたので、ちょっとバイ…

2022 8月の馬見丘陵公園

終戦の日 今日は終戦の日。以前は終戦記念日と言うことが多かったが、近年は終戦の日という呼び方が一般的なようだ。たしかに「記念日」という呼び方には違和感がある人も多いだろう。私の今年のお盆の休みは今日までで、明日から仕事に出る。 いつもの通り…

2022 お盆の墓参り

曇り空 朝起きると空は曇り空で空気はじめじめしている。いつも通り朝の散歩に出かけた。田畑の中の道を歩くと、ミカンの実が大きくなっている。手前に普通のミカン、その向こうに小さなキンカン、背後にJR大和路線の列車が走っていくのが見える。 まだ緑…

2022 夏の風景 ⑬

お盆の朝 今日から、いわゆるお盆の期間に入った。いつも通り朝の散歩に出かけるが、普段の土日と犬の散歩に来ている人の顔ぶれが少し違っている。帰省して、実家の犬と久しぶりに散歩という人もいるのだろうか。 あれほどうるさかったクマゼミの声がほとん…

盆休みのけいはんな記念公園

曇り空と朝の花 朝起きると曇り空。台風が来ておりその影響で、天気は不安定になるらしい。昨日かなり遠出したので少し疲れが残っている。仕事は休みなので、いつもより遅めに散歩に出かけた。田畑の道の脇に青い花が咲いていた。アサガオにしては、花の直径…

山の日は山へ

山の日 今日は山の日。なんだかよく分からない祝日だ。近年になってできた祝日だが、夏休み中なので子どもからするとピンとこないし、盆休みのところも多いだろうから、ありがたみがない。どうせなら「雨の日」でもなんでもいいから、休みのない6月に作って…

暦は秋だが

立秋 今日は立秋で、暦の上では秋の始まりだ。秋の気配はまだまだではあるが、昔からこの頃になると、夏という季節もそろそろ終盤に近付いたかという気分になる。 晴天の中、朝の散歩に出かける。城跡から堀端の道という長めのコースを歩いた。夜中に雨が降…

2022 夏の風景 ⑩

雨の後の朝 夜中にかなり雨が降ったのだろうか。庭に置いてあるメダカを入れた鉢の水があふれる寸前になっている。危ないところだったと思いながら水を少し捨てる。昨日は早めに寝たので、朝の目覚めが早かった。少し早めに5時半頃から散歩に出かけた。 近…

2022 夏の風景 ⑨

雨模様か 今日は雨の予報が出ている。空も朝からからりと晴れた青空とはいかない。ただ、夜中の寝苦しさは相変わらずで、どんよりした目覚めだ。 ここ数日朝の散歩の距離をセーブしていたが、今日は仕事が休みの日なので、少し長めのコースを歩いた。東の空…

馬見丘陵公園 少し早いひまわりウィーク

快晴の朝 週末の金曜日。6時前から朝の散歩に出かけると、文字通り雲一つない青空が広がっている。気温は朝からかなり高く太陽の光がまぶしい。朝から疲れないように、距離を短めにして田畑の中の道を歩いた。 雲一つない青空 畑では、いつもこの時刻から農…